人からお金を借りるということ

急な出費や支払いによってお金が必要になる場面は多く、銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りるというのは、ごく自然な行為といえます。しかし、申し込みの際の審査になかなか通らないことや、あるいは審査を待っていられる時間もない場合などには、早急にお金を借りることが出来ません。そこで最後の手段として用いられるのが、家族や友達など、人からお金を借りることです。場合によっては一瞬で希望金額を借りることが出来るので、本当に困った時には一番効率の良い手段ともいえます。しかし、出来ることならば家族も含めて、人からお金を借りることは避けなければなりません。その理由を簡単に見ていきましょう。

お金のやり取りというのは、信頼関係を崩してしまう可能性が高いからです。信頼関係を築くこと自体、非常に根気強く時間のかかる作業ですが、崩れるのは一瞬です。特に崩れる原因の多くが、金銭トラブルになります。人とのお金の貸し借りは、たとえ少額であってもトラブルになりやすく、近年では悲惨な事件に繋がってニュースになることもあります。そのため、人からお金を借りることは出来るだけ避けるようにしましょう。また、自分が借りるのではなく、貸す側の立場になったとしても、安易に貸さないようにしましょう。借りる側ではなく貸す側に回ったとき、貸さなければ悪いことをしたような感覚に陥る場合があります。しかし、本来は全くそういうことを思う必要はなく、むしろお金を安易に貸した方が後悔する可能性が高くなります。今度は自分がお金に困った時に返済してほしくても言い出しにくく、結果として別の人から借りてしまうという悪循環に陥らないように、また本当に相手のことを思っているのであれば、安易にお金を貸さないようにしましょう。お金がなくて困るのは一時期で済みますが、失った信頼を回復させるのは一時期では済みません。したがって、どんなにお金が必要でも、よほどの事情がない限り、かつすぐに返済できる予定がない限りは、人からお金を借りることは避けましょう。