借入とは金銭や品物を借りることを指します。

借入とは、本来、金銭のみならず品物を借りることも意味しています。一般的には個人、法人に関らず、簡単には資金の調達のことを指しますが、種類としては、使途自由、物品購入ローン、融資の3つに分けることができます。使途自由の商品としては、個人が利用するカードローンやキャッシングがあり、物品購入ローンでは住宅ローンや車の購入ローン、融資に関しては企業に対しての運転資金や設備資金があります。これらすべての借入は借金としても扱われますが、大きく異なるのは担保があるかどうかがあり、万が一返済ができなければ、物品購入ローンでは住宅や車の処分、融資においては担保物件が処分されることで残債に充てられます。

借入においては、物品購入ローンや融資の場合には金額も大きくなり、そのほとんどは十分な計画が行われた上で利用されていますが、注意が必要なのは個人が使途自由で借りるケースがあります。カードローンやキャッシングでは、返済能力が大きく関係するとはいえ、多くは金額の大小にかかわらず簡単に申込・利用をすることができるようになっています。また、かつての消費者金融による貸付、いわゆるサラ金当時に比べて規制がかかったこともあり金利も低く抑えられています。(今のサラ金)しかし、借入をする場合には、返済可能かどうか、十分に検討をした上で利用をすることが非常に大切なことになります。現在、カードローン等に関しては、金融機関、消費者金融ともに利息制限法の則って貸付が行われています。この場合の貸付レートは、仮に10万円借りる場合に利息制限法上限となる年利20%近い数字が掲げられており、冷静に考えて、現在の利息や住宅ローン金利と比べて、非常に高いことが理解できます。また、100万円以上では15%の金利がかかることになり、返済期間が長くなれなるほど、いかに不利な状態で借入を行っているか判断をすることができます。借入をする場合には、少額からの返済が可能であることや即日融資などの言葉に惑わされずに、内容を十分に確認して上で利用をすることが重要なことになります。